UR賃貸のデザイナーズ物件で新しいライフスタイル

UR賃貸と建築家がコラボレーションで作り上げるデザイナーズ物件は、新宿の河田町コンフォガーデンなどがその代表格です。

河田町コンフォガーデンは谷内田章夫さんの設計によるもので、大きなマルチルームと、3つのベッドルームが新しいファミリーライフを演出してくれます。

床暖房、ドロップインコンロ、浴室暖房乾燥機などがついた、機能的な生活空間です。

ひろびろとしたゆとりの設計で、最新の設備が楽しめます。

自宅として持つにはちょっと手が出ないようなマンションも、UR賃貸なら楽しめるといったところでしょうか。

今後自宅として持った物件の価格が下落していく傾向は避けられない事実。

そもそも日本では新築の不動産を購入しても、ほとんどのケースでは資産価値が上がらないばかりか、下がるのが常識という国です。

だったら気持ちよく生活できる空間を求めて、UR賃貸を楽しむのもいいでしょう。

生活するベースって、その人の生き方に大きな影響を与えるものです。

都心のUR賃貸を借りるためには、収入が基準を満たしている必要があります。

礼金も保証人も取らないわけですから、それなりに家賃が払っていける収入があるかどうかを、厳しくチェックされます。

Comments are closed.